So-net無料ブログ作成
検索選択

ギターリストのことを語ります [ポエム集]

そのステージには哲学者がいない
もちろん王様も道化師もいない

だけどステージには魔術士がいる
そう、あいつはギターという楽器を持った音の魔術師

だからあいつが弾くギターの音色に
誰もが感動する

だけどあいつのギターの旋律には
孤独と運命を背負って風の中を駆け抜けているように
俺には見えてしまう

そのステージにはギャンブラーもいない
もちろん占い師も踊り子もいない
だけどそのステージには魔術士がいる

あいつがギターを弾けば
ステージが拍手と歓声に包まれ
とおんきごうが喜びを抱きしめる

だからあいつのギターの旋律が涙を流す
そして五線紙が歴史を抱きしめる


乾いた風の中で奏でられた
ギターの旋律が時間を切り裂くと
ピアノの旋律が夜空を切り裂く

ギターが語る時、音符が炎に包まれ
ピアノが語る時、音符が風に包まれて

音符と音符の間にある
沈黙が歴史を語りだす

風の中に消えていったギターの旋律が涙を流す時
88の鍵盤の上で生まれたピアノの旋律が時間の中に消えて行く

もしも願いが叶うなら
ギターの旋律とピアノの旋律を重ねてみたい



風を切り、走り抜けるギターの旋律が
時間と時間の間を駆け抜けたら
ビブラートの瞬間にとおんきごうが風に吹かれ
コードチェンジの瞬間にとおんきごうが炎に包まれる

もしも願いが叶うなら
6本の弦で生みだされる衝撃を
この手でつかんでみたい

風を切り、駆け抜けるギターの旋律が
言葉と言葉の間を駆け抜けたら
ビブラートの瞬間に五線紙が泣き出し
コードチェンジの瞬間に五線紙が笑いだす

もしも願いが叶うなら
6本の弦で生みだされる感動ををこの手でつかんでみたい

風のささやきのように聞こえるギターの旋律
炎のおたけびのように聞こえるギターの旋律

6本の弦で何でも生みだされる
ギターの物語が
キャンバスの片隅でやさしく呼吸している






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ラッセンのポエムって何 [ポエム集]

どこからきたのその大きな波は?
どこからきたのそのやわらかな風は?
どこからきたのその月の光は?
どこからきたのその雲は?

だけど白いキャンバスの中で
奏でられる奇跡のシンフォニーに耳を済ましたら
心の中は喜びと感動で
飽和して生きてる苦しみが少し軽くなる

どこからきたのその大きな波は?
どこからきたのやわらかな風は?
どこからきたのその月は?
どこからきたのその雲は?

だけどラッセンの心の中で
奏でられる感動のシンフォニーが
白いキャンバスの中から聞こえてきたら
体の中に流れている血液が
熱くなり生きている力がわいてくる



海の声が聞こえる
空の声が聞こえる
波の声が聞こえる
雲の声が聞こえる
風の声が聞こえる

海と空と波と雲と風の声が
白いキャンバスの中で融合する時
一つのシンフォニーが生まれる
それはラハイナシンフォニー
ラッセンが描いたラハイナシンフォニーという絵は
ラッセンの心の声が聞こえてきそうだ
風に吹かれて出航を待っている船は
ラッセンの心の声を聞いているのだろうか?

海の心の声が聞こえる 空の声が聞こえる
雲の声が聞こえる 風の声が聞こえる

海と空と波と雲と風の声が
白いキャンバスで融合する時
一つのシンフォニーが聞こえる
それはラハイナシンフォニー
ラハイナシンフォニーという絵の中にこめられた
ラッセンの気持ちが
風の中で踊る時、見ている人の心で感動が生まれている


果てしなく広がる大空は雲が星の光を受け止めていて
果てしなく広がる海原は波が海原の上を駆け抜けている

風の中を駆け抜けている風は
世界中にある風とつながっていて
浜辺の中でたたずんでいる
俺はやわらかな風に吹かれている

ラッセンのラハイナの星Ⅱを見つめていると
体の中にある憎しみや恨みが
少しずつ消えて行く

ラッセンのラハイナの星Ⅱを見つめていると
体の中にある恐怖や不安が
少しずつ消えて行く

ラハイナの星Ⅱが奏でるメロディー
人の中にあるマイナスの感情を消していくようだ


果てしなく広がる空がここにある
海の上にを駆け抜けている風は
何を求めているのだろう

光と水と風がつくりだす
この幻想の世界で
自分の体の中に衝撃と感動が生まれたら
風が囁き
光が踊りだし
水が涙を流す

大空と大地の間を駆け抜ける風が風の背中を押したら
衝撃が時の中を駆け抜ける

光と風と水がつくりだす
この幻想の世界で
音楽家はどんな旋律を見つけるのだろう

だけど光と風と水がつくりだす
この幻想の世界で
答えが伝説をつくりだせば
僕の中の僕が太陽をつかむ








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。